住宅ローン審査は厳しい?

自宅兼事務所の夢を実現させたい!と願ったとき銀行や信用金庫などから申し込み可能な自宅兼事務所購入時の融資が頼れます。
とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか混乱してしまう事もあるかと思います。
選び方を挙げるとすると、行きやすい金融機関でも良いですし不動産屋の担当者に任せても良いですし、インターネットバンキングでも申し込みをする事ができます。
だけども、どの場合でも自営業でも通る住宅ローン審査に通らない限り住宅ローンを組むことはできないのです審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査があり申し込み者全員が通るという事でもないので注意してください。
今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、迷っているという方がとても多いのが現状です。
自分では決めかねるという方は、銀行の担当者に相談した上でお金を借りる方法もありますが、相談料がかかります。
今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。
中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。
実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。
住宅を建築する際、必ず保険会社に加入します。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
この保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅を購入したいと思ったら、まず審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
自営業でも通る住宅ローン審査はとても慎重に行われます。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
何千万という高額な単位の自営業者の住宅ローンなので、利子が少しでも安い店で申請したいと思うでしょう。
そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。
実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。
何を差し置いてもその金利の安さはどこにも負けず、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると5%も割引されるお得な特典が付いてきます。
お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。
気になる銀行があれば、比較してみましょう。

住宅ローン審査が厳しいところで通るコツは?